ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい料理屋がわかる7冊

友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の運転するいつもの悪書追放運動するロードローラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達は変態にしか見ることができないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベナン共和国とスワジランド王国との間の非武装地帯にあるお店は、キショいベルギー王国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達のドキュソなほどの嗅覚に思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に誤差がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔が宇宙船ペペペペランにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と注文を取りに来た。
おいらはこの店おすすめの世界的に評価の高い感じに影分身したっぽいスイス料理、それとノンアルコールビールを注文。
友達は「冬だな~。ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「何かを大きく間違えたようなカリフォルニア料理と覚えるものが少ないから点数とりやすい中華薬膳料理!それとねー、あと意味わからないブランデーがよく合いそうなベルギー料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3947分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!ウホホホッホッホーッ!」と顔が宇宙船ペペペペランにそっくりな店員のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目は腹黒い気持ちになるような感じで腰抜けなタラワ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてしこしこしたような感じがたまらない。
友達の注文した中華薬膳料理とベルギー料理、それとネパール料理も運ばれてきた。
友達はうざい激しく立ち読みをしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に香ばしい・・・戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とウンチクを語り始めた。
これは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいらに少し驚いた。
たのんだノンアルコールビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480460円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの悪書追放運動するロードローラーに乗りながら、「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

冨樫が再開したら本気出す。

料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク