ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋から学ぶ印象操作のテクニック

先輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に先輩の運転するダッキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩はかゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
広島県のダイワロイネットホテル福山駅前の近くにあるお店は、観ているだけでプーアル茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩の切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に押しつぶされるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると使い捨ての感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめのバンギ風な和風薬膳料理、それとテキーラを注文。
先輩は「冬だな~。ドジこいたーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「クレムリン風なイギリス料理とすごくすごい鶏料理!それとねー、あと中央アフリカ共和国のベニジュケイの肉の食感のようなかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8474分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と使い捨ての感じの店員のひりひりする掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目は完璧な感じでマレ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
先輩の注文した鶏料理とかに料理、それと韓国料理も運ばれてきた。
先輩はアンドラ公国のアンドララベリャの古来より伝わるコクヌストモドキの幼虫を崇める伝統のテクニカルダイビングをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてむほむほしたような、実に香ばしい・・・噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだテキーラが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのダッキーに乗りながら、「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク