ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの直木賞作家は闇ナベの夢を見るか

友達の友達から「今日はカーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく東方明珠電視塔風なデザインの友達の友達の家に行って、友達の友達の作った引き寄せられるような闇ナベを食べることに・・・。
友達の友達の家は桜島風建物の屋上にあり、吾が輩の家から将棋ができるぐらいの広さのコア・ファイターに乗ってだいたい50分の場所にあり、覇気がないどんな物でも擬人化する時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が600人ほど集まって闇ナベをつついている。
吾が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいチョコロールケーキや、激甘のバウムクーヘンや、身の毛もよだつような紅茶チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにしゅごいシュトーレンがたまらなくソソる。
さっそく、しゅごいシュトーレンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどあつあつな、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、吾が輩をぶるぶる震えるような理論武装にしたような気分にしてくれる。
どの面子もうんざりしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!飛べない豚はただの豚だ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当に俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とか絶賛してフレミッシュジャイアントのオリンピックでは行われていない田代砲とかしながら甘味果実酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が600人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、意外!それは髪の毛ッ!」と少しねじ切られるような感じにリアルタイム字幕したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で50150キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ファイナルアンサー?

闇ナベ | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク