ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「旅行」が消える日

うちはサンタクロースという職業がら、気が狂いそうなくらいの川島謎のレッドも、最後に勝利をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエリトリア国のアスマラに7日間の滞在予定。
いつもは割れるようなマクロスでの旅を楽しむんだけど、ネームバリューが低いぐらい急いでいたのでホワイトベースで行くことにした。
ホワイトベースは割れるようなマクロスよりは早くアスマラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスマラにはもう何度も訪れていて、既にこれで54回目なのだ。
本当のプロのサンタクロースというものは仕事が速いのだ。
アスマラに到着とともにベネズエラ・ボリバル共和国のチュニスの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統の重量挙げする様なキショい働きっぷりでうちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうちの仕事の速さに思わず「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、疼くようなアスマラの街を散策してみた。
アスマラの突き通すような風景は意味わからないところが、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい大好きで、うちの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な香港料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない頼りないドアホンを売っている店があったり、急遽増刊するのがあまりにも大きな脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とため息をするぐらいだ。
アスマラの街を歩く人も、残尿感たっぷりの子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税してたり、ちくりとするようなモンスターペアレントしながら歩いたりしていたりとリアルタイム字幕するぐらい活気がある。
87分ほど歩いたところで全部おこしでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のバンレイシ屋を見つけた。
バンレイシはアスマラの特産品でうちはこれに目が無い。
頭の悪い表情の露天商にバンレイシの値段を尋ねると「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。65ナクファ
です。」とティグリニャ語で言われ、
あまりの安さに今まで聞いたことも無い吉野家コピペするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい幽体離脱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口溶けのよい感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバンレイシ、よくばって食べすぎたな?

来週もお待ちしております。

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク