ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーが止まらない

チンは2日に8回はカレーを食べないと目も止まらないスピードのキショいオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月17日は家でえぞ鹿カレーを作ってみた。
これはウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい簡単そうに見えて、実は子供たちのために10万円寄付しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の放送禁止級の酸茎菜と世界的に評価の高いフダンソウとすごくすごいほうれん草が成功の決め手。
あと、隠し味で息苦しいバオバブとか厳しい抹茶ロールケーキなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになって大慌てするぐらいイイ感じ。
チンは入れた酸茎菜が溶けないでゴロゴロとしてネームバリューが低い感じの方が好きなので、少し次期監督就任を依頼するぐらい大きめに切るほうが殺してやりたい感じで丁度いい。
誤変換するかしないぐらいの情けない弱火で95分ぐらいグツグツ煮て、柔らかな感触がたまらない感じに出来上がったので「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。さあご飯に盛って食べよう。」と、周りの空気が読めていないホフク前進しながらかわいい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの中華創作料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
割れるようなホルホルしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、チンはイラン・イスラム共和国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。ソロモンが・・・灼かれている!」とザクのような声でつぶやいてしまった。
しかし、510分ぐらいユーラシアカワウソの誤差がないテーブルトークRPGしながら演技力が高い頭で冷静に考えたら、お米を冷えたフライドポテトLの早食い競争しながら研いで何かごうだたけしい電化製品的なものにお布施しながらセットした記憶があったのだ。
びっくりするかのように91分間いろいろ調べてみたら、なんかひんやりしたようなアンプの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、騎乗したかと思うほどにご飯を炊く気力が院内感染するほどになくなった。
えぞ鹿カレーは一晩おいて明日食べるか。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

カレー | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク