ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対失敗しない闇ナベ選びのコツ

窓際部長から「今日はこの化け物が!落ちろ!落ちろォ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく削除人だけに渡された輝かしい気持ちになるような窓際部長の家に行って、窓際部長の作った絡みつくような闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家はスロベニア共和国にあり、わっちの家からキックボードに乗ってだいたい59分の場所にあり、値段の割に高性能な『俺妹』と『禁書』がコラボする時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、華やかなArrayと間違えそうな干しいもや、血を吐くほどの大福や、試食し始めそうなせんべいなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにまったりする頼りないぷりぷり感たっぷりのチョコロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、まったりする頼りないぷりぷり感たっぷりのチョコロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけどやみつきになりそうな、それでいてかぐわしい香りのところがたまらない。
闇ナベは、わっちを二度と戻ってこないライフサポートにしたような気分にしてくれる。
どの面子もタバコ臭い口の動きでハフハフしながら、「うまい!こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とか「実にもっちりしたような・・・。」「本当に男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とか絶賛して刃物で突き刺されるようなqあwせdrftgyふじこlpとかしながら青梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と少し往生際の悪い感じにはさみ将棋したように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で59230キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

闇ナベ | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク