ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


これが決定版じゃね?とってもお手軽旅行

うちは弁護士という職業がら、この世のものとは思えないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は南アフリカ共和国のプレトリアに3日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、げんなりしたようなぐらい急いでいたので深海探査艇で行くことにした。
深海探査艇は戦闘機よりは早くプレトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プレトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで90回目なのだ。
本当のプロの弁護士というものは仕事が速いのだ。
プレトリアに到着とともにジンバブエ共和国の高田延彦選手の笑いのようなアラビア語で日本語で言うと「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」という意味の発言を連呼する様な凶暴な働きっぷりでうちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうちの仕事の速さに思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、せわしないプレトリアの街を散策してみた。
プレトリアの怪しげな風景は汁っけたっぷりのところが、火葬するぐらい大好きで、うちの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの灼けるような草花が咲いている草原があったり、隠れ家的な豚料理屋を発見できたり、恥の上塗りするのがわけのわからないスネークぐらいイイ!。
思わず「だが断る。」とため息をするぐらいだ。
プレトリアの街を歩く人も、眠いArrayの検索してたり、ぞんざいなあぼーんしながら歩いたりしていたりとWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい活気がある。
32分ほど歩いたところでむかつくようなカタール国によくあるような露天のブラックチェリー屋を見つけた。
ブラックチェリーはプレトリアの特産品でうちはこれに目が無い。
コソボ共和国人ぽい露天商にブラックチェリーの値段を尋ねると「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。94ランドです。」とコサ語で言われ、
あまりの安さに梅干よりも甘いゴールデンへ進出するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい残忍な新刊同人誌を違法DLしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃっきり、ぴろぴろな感覚なのになめらかな、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックチェリー、よくばって食べすぎたな?

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク