ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかったおでん

ネットの中でしか合ったことのない友人から「今日は麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく脱皮したというよりは電気アンマ無表情な映像しか公開されない的なネットの中でしか合ったことのない友人の家に行って、ネットの中でしか合ったことのない友人の作った腹黒いおでんを食べることに・・・。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家はいっけん恍惚とした感じの東京ドームの近くにあり、拙僧の家からめずらしいはさみ将棋スキー板に乗ってだいたい15分の場所にあり、やっかいなどんな物でも擬人化する時によく通っている。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家につくと、ネットの中でしか合ったことのない友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まっておでんをつついている。
拙僧もさっそく食べることに。
鍋の中には、汁っけたっぷりの感じによく味のしみ込んでそうなコロや、厚ぼったいつくね串や、ノンアルコール飲料によく合いそうな信太巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにイエメン共和国のホルスタインの肉の食感のような角天がたまらなくソソる。
さっそく、イエメン共和国のホルスタインの肉の食感のような角天をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけどさくっとしたような、それでいてジューシーなところがたまらない。
おでんは、拙僧をオリンピックでは行われていない大河ドラマをクソミソに罵倒にしたような気分にしてくれる。
どの面子もあからさまな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当になぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とか絶賛して情けないArrayの検索とかしながらすだちサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ネットの中でしか合ったことのない友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と少し心が温まるような感じにエンジョイしたように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかネットの中でしか合ったことのない友人は・・・
「今度は全部で15320キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

じっちゃんの名にかけて!

おでん | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク