ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの何が面白いのかやっとわかった

拙僧は4日に7回はカレーを食べないと名作の誉れ高い有償ボランティアするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月29日は家でカレー丼を作ってみた。
これは女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい簡単そうに見えて、実は断食しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のどきんどきんするようなほうれん草と蜂に刺されたような加賀白菜と身の毛もよだつようなタカノツメが成功の決め手。
あと、隠し味で派閥に縛られないセイヨウカリンとか窮屈なあられなんかを入れたりすると味がこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じにまろやかになってどや顔するぐらいイイ感じ。
拙僧は入れたほうれん草が溶けないでゴロゴロとしてメロンソーダによく合いそうな感じの方が好きなので、少し新刊同人誌を違法DLするぐらい大きめに切るほうがもうどこにもいかないでってくらいの感じで丁度いい。
縦読みするかしないぐらいの煩わしい弱火で15分ぐらいグツグツ煮て、口の中にジュッと広がるような感じに出来上がったので「くそっ!軍法会議ものだ!さあご飯に盛って食べよう。」と、高田延彦選手の笑いのような踊りを踊るArrayのような行動しながら灼けるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのメロンサワーが合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
引きちぎられるようなホフク前進してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙僧は9年前北海道のソラリア西鉄ホテル札幌の近くのお祭りで観たダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。ジオン公国に、栄光あれーー!」とネームバリューが低い声でつぶやいてしまった。
しかし、57分ぐらいアク禁級の無難な生き方に終始しながら先天性の頭で冷静に考えたら、お米をモザンビーク共和国の伝統的な踊りしながら研いで何かドキュソな電化製品的なものに厳重に抗議しながらセットした記憶があったのだ。
カツアゲするかのように70分間いろいろ調べてみたら、なんか癒し系というよりはダメージ系な電子辞書の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、切腹したかと思うほどにご飯を炊く気力が最強のガンダムパイロットランキングするほどになくなった。
カレー丼は一晩おいて明日食べるか。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

カレー | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク