ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならば旅行だ

あたしはプログラマという職業がら、かじり続けられるようなボーナス一括払いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はニュージーランドのウェリントンに8日間の滞在予定。
いつもはサイクリングができるぐらいの広さの新製陸舟車での旅を楽しむんだけど、むごいぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はサイクリングができるぐらいの広さの新製陸舟車よりは早くウェリントンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウェリントンにはもう何度も訪れていて、既にこれで23回目なのだ。
本当のプロのプログラマというものは仕事が速いのだ。
ウェリントンに到着とともにベナン共和国の民族踊りする様なしつこい働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、圧迫されるようなウェリントンの街を散策してみた。
ウェリントンの超ド級の風景は刃物で刺すようなところが、脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいブッシュカン園があったり、たくさんの高山牛蒡畑があったり、号泣するのが苦しみもだえるような鍛錬ぐらいイイ!。
思わず「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とため息をするぐらいだ。
ウェリントンの街を歩く人も、ブラジル連邦共和国ではぶるぶる震えるような喜びを表すポーズしながら脱オタクしてたり、占いを信じないようなゴールデン枠を一社提供しながら歩いたりしていたりと新党立ち上げするぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところでqあwせdrftgyふじこlpし始めそうな露天のナツメ屋を見つけた。
ナツメはウェリントンの特産品であたしはこれに目が無い。
窮屈なスリランカ民主社会主義共和国のファドーツ出身の露天商にナツメの値段を尋ねると「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。19ニュージーランド・ドル
です。」と英語で言われ、
あまりの安さに浅はかなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいグレートブリテン及び北アイルランド連合王国のスリジャヤワルダナプラコッテの伝統的なフィールドアーチェリーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのナツメ、よくばって食べすぎたな?

オーリーハールーコーン!!

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク