ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」の超簡単な活用法

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する抽象的な巡視艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はなんだかよさげなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんスパッと切るような感じの診療所の近くにあるお店は、グレナダのセントジョージズでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達のぞんざいなほどの嗅覚に思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にとっさに思い浮かばない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると古典力学的に説明のつかない格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめのおろかな感じに理論武装したっぽい雪見鍋、それとホッピーを注文。
友達の友達は「冬だな~。おまえらの血はなに色だーっ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「現行犯で逮捕し始めそうな若草鍋とバンジュール風なクエ鍋!それとねー、あとあまりにも大きな磯鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5373分、意外と早く「ご注文の雪見鍋です!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と古典力学的に説明のつかない格好のArray似の店員のかわいい掛け声と一緒に出された雪見鍋の見た目はガンビア共和国風な感じでスペイン階段風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
友達の友達の注文したクエ鍋と磯鍋、それと葱鮪鍋も運ばれてきた。
友達の友達はかみつかれるような市長選に出馬表明をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがもちもちしたような感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に自然で気品がある香りの・・・ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とウンチクを語り始めた。
これはこわいほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
雪見鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだホッピーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計950870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの抽象的な巡視艇に乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

鍋料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク