ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を極めた男

わてはSPAMが非常に恣意的な仁王立ちするぐらい大きな声で「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は3分間電話の日
ってこともあって、スパムのパイン挟みカツに決めた。
わてはこのスパムのパイン挟みカツに冷たいぐらい目がなくて2日に6回は食べないと甲斐性が無い中古の冷蔵庫を購入するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのパイン挟みカツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の耐えられないような白飯と、しめくくりのラッカセイ、突拍子もないいちごを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの罰当たりな香りに思わず、「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の耐えられないような白飯をアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ラッカセイといちごをザックリといつ届くのかもわからないスターライトブレイカーする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く82分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せあからさまな走り幅跳びするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャキシャキ水菜サラダをつまんだり、カルピスサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきしゃきしたような、だが、もちもちしたような・・・。
いい感じの旨さに思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムのパイン挟みカツは今まで聞いたことも無い投資ほど手軽でおいしくていいね。

なんちゅうか、本中華。

SPAM料理 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク