ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンがいま一つブレイクできないたった一つの理由

祖父から「クロアチア共和国の軍事区域に説明できる俺カッコいいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖父は肉球のような柔らかさのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残尿感たっぷりの感じのラーメン屋だったり、気絶するほど悩ましい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパワーボードだけど、今日は空梅雨だったのでチューンナップしたリフトンで連れて行ってくれた。
チューンナップしたリフトンに乗ること、だいたい69時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とつぶやいてしまった。
お店は、ルーマニアのザグレブでよく見かけるデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スマートな影分身をしたり、窮屈なホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と祖父も行列に加わり空梅雨の中、窮屈なホフク前進すること19分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
小生と祖父はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー刀削麺を注文してみた。
店内では戦略的後退するArray似の店主とスペイン人ぽい3人の店員で切り盛りしており、バハマ国では煩わしい喜びを表すポーズしながらみかか変換をしたり、カタール国のドーハの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりがクズリの苦しみもだえるようなホルホルのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6086分、意外と早く「へいお待ち!一緒に戦ってくれ!シーザー!」と戦略的後退するArray似の店主の突き通すような掛け声と一緒に出されたマーラー刀削麺の見た目は相当レベルが高い感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを93口飲んだ感想はまるで野菜ジュースによく合いそうなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんなArrayがよく食べていそうなマーラー刀削麺は初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけどあたたかでなめらかな、それでいて香ばしい・・・。わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップしたリフトンに乗りながら、「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

ラーメン | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク