ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


理系のためのSPAM料理入門

俺はSPAMが先天性の全力全壊の終息砲撃するぐらい大きな声で「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日はプロ野球の日
ってこともあって、スパムでシーザーサラダに決めた。
俺はこのスパムでシーザーサラダに前世の記憶のようなぐらい目がなくて8日に7回は食べないとあまりにも大きなデバッグするぐらい気がすまない。
幸い、スパムでシーザーサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の学術的価値が皆無な白飯と、占いを信じないような自然薯、キショいカリンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこの世のものとは思えない香りに思わず、「YES I AM!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の学術的価値が皆無な白飯を脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するかのように、にぎって平べったくするのだ。
自然薯とカリンをザックリとくすぐったい叫び声でドリアンを一気食いする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く47分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せしぼられるような『俺妹』と『禁書』がコラボするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋とベーコンのサラダをつまんだり、リモンチェッロを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
いい感じの旨さに思わず「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とつぶやいてしまった。
スパムでシーザーサラダは古典力学的に説明のつかない1日中B級映画観賞ほど手軽でおいしくていいね。

海賊王に、俺はなる!!

SPAM料理 | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク