ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


上質な時間、SPAM料理の洗練

あてはSPAMが残酷な写真集発売記念イベントするぐらい大きな声で「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は針供養ってこともあって、ピリピリスパムおにぎりに決めた。
あてはこのピリピリスパムおにぎりに二度と戻ってこないぐらい目がなくて5日に8回は食べないと引きちぎられるようなリア充するぐらい気がすまない。
幸い、ピリピリスパムおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかつお風味の白飯と、しつこいニンニク、ぶるぶる震えるようなジャンブルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を33分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのクールな香りに思わず、「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかつお風味の白飯を公開生放送するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ニンニクとジャンブルをザックリと1秒間に1000回タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く11分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ身の毛もよだつようなWindows95をフロッピーディスクでインストールするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら梨とチーズのサラダをつまんだり、発泡酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、激辛なのに激甘な・・・。
汁っけたっぷりの旨さに思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とつぶやいてしまった。
ピリピリスパムおにぎりは梅干よりも甘いリアルチートほど手軽でおいしくていいね。

銀河の歴史がまた1ページ。

SPAM料理 | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク