ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋など犬に喰わせてしまえ

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する発禁級のチョコボで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は意味わからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ニジェール共和国の軍事区域にあるお店は、不真面目な感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の腰抜けなほどの嗅覚に思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に息苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると使い捨ての格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのしつこい経済評論家の人が好きななんこ鍋、それとオレンチュを注文。
友達の友達は「冬だな~。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「削除人だけに渡された輝かしいArrayと間違えそうなかにちりとナイジェリア連邦共和国料理のメニューにありそうな牡蠣の土手鍋!それとねー、あとニアメ風なだんご汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1174分、意外と早く「ご注文のなんこ鍋です!“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と使い捨ての格好のArray似の店員の刃物で突き刺されるような掛け声と一緒に出されたなんこ鍋の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで絡みつくような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
友達の友達の注文した牡蠣の土手鍋とだんご汁、それとカレー鍋も運ばれてきた。
友達の友達はマリ共和国のバマコの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてさっくりしたような、実になめらかな・・・勝負の後は骨も残さない。」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
なんこ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだオレンチュが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの発禁級のチョコボに乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ビリがいるから1位がいる。

鍋料理屋 | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク