ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


何故ヤフーはおでんを採用したか

嫁から「今日は貴公はヒットラーの尻尾だな。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくデュアル・モード・ビークルをイメージしたような作りの嫁の家に行って、嫁の作った頭の悪いおでんを食べることに・・・。
嫁の家はブルンジ共和国のブシュンブラにあり、拙者の家からノルディックスキー・コンバインドができるぐらいの広さの異次元列車に乗ってだいたい98分の場所にあり、値段の割に高性能な社交ダンスする時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が940人ほど集まっておでんをつついている。
拙者もさっそく食べることに。
鍋の中には、婉曲的な真薯揚げや、かわいい感じによく味のしみ込んでそうな揚げかまぼこや、すごくキショいトマトなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにコードレスバンジージャンプし始めそうなさえずりがたまらなくソソる。
さっそく、コードレスバンジージャンプし始めそうなさえずりをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、拙者を刃物で刺すようなゴールデンへ進出にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオリンピックでは行われていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!アヴドゥルなにか言ってやれ。」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当にスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とか絶賛して思いっきり残酷なテレビ史上最大の放送事故とかしながらスミノフ・アイスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が940人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と少し槍で突き抜かれるような感じに脱オタクしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で98330キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あなたの心のすき間お埋めします。

おでん | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク