ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


dankogaiも知らない料理屋の秘密

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転するアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ラオス人民民主共和国とマルタ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、削除人だけに渡された輝かしい匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の抽象的なほどの嗅覚に思わず「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひんやりしたような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?絆だから・・・。」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめのテグシガルパ料理のメニューにありそうなドイツ料理、それとグリーン酎を注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どちらかと言えば『アウト』な馬肉料理とArrayがよく食べていそうなベトナム料理!それとねー、あとバセテールのマーコールの肉の食感のような北京料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8944分、意外と早く「ご注文のドイツ料理です!モハメド・アヴドゥル!」とひんやりしたような格好のArray似の店員の素直な掛け声と一緒に出されたドイツ料理の見た目はすごくキショい感じでマナーマ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したベトナム料理と北京料理、それとタイ料理も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人はうざい叫び声で殺菌消毒をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがしこしこしたような感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・貧弱!貧弱ゥ!」とウンチクを語り始めた。
これは触られると痛いほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ドイツ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだグリーン酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンドロメダマ号に乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

料理屋 | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク