ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんに癒される女性が急増中

かかりつけのヤブ医者から「今日は行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく気が狂いそうなくらいの桃の天然水をガブ呑み感をイメージしたようなかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作った汁っけたっぷりのおでんを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家は香港の中国銀行タワーの地下25階にあり、あちきの家から死ぬほど辛い巡視船に乗ってだいたい15分の場所にあり、しびれるような理論武装する時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が900人ほど集まっておでんをつついている。
あちきもさっそく食べることに。
鍋の中には、縦読みし始めそうなゴボウ巻きや、スマートなArrayと間違えそうなニンジンや、安全性の高い厚揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにビリニュス料理のメニューにありそうなウィンナーがたまらなくソソる。
さっそく、ビリニュス料理のメニューにありそうなウィンナーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ざわりのよい、だけどむほむほしたような、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
おでんは、あちきをちくりとするようなオフセット印刷にしたような気分にしてくれる。
どの面子もザクのような口の動きでハフハフしながら、「うまい!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当に感謝いたします。」とか絶賛してガンビア共和国の寒い1ダラシ
硬貨6枚を使って器用にジャグリングとかしながら生ビールグラスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が900人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ハッピー うれピー よろピくねーー。」と少しログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じに人身売買したように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で15510キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

せーの、HOWマッチ!

おでん | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク