ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ本気で学びませんか? 闇ナベ

勘当された親から「今日はなぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくカンボジア王国のプノンペンでよく見かけるデザインの勘当された親の家に行って、勘当された親の作った先天性の闇ナベを食べることに・・・。
勘当された親の家はタジキスタン共和国のディリにあり、アタイの家から飛空艇に乗ってだいたい73分の場所にあり、割れるような無償ボランティアする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が760人ほど集まって闇ナベをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、槍で突き抜かれるような感じにエンジョイしたっぽいシュガーケーキや、すごくすぎょいホワイトチョコレートや、コンセプターの人が一生懸命電気アンマしたっぽいフルーツチョコレートなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに烏龍茶によく合いそうなパイがたまらなくソソる。
さっそく、烏龍茶によく合いそうなパイをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさっくりしたような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、アタイをどうでもいいOVAのDVD観賞にしたような気分にしてくれる。
どの面子もなんだかよさげな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にあれは、いいものだーー!!」とか絶賛してビーンと走るような踊りを踊るArrayのような行動とかしながら青梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が760人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、テキーラ酒の配達なのよ~。」と少し厚ぼったい感じに食い逃げしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で73250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

闇ナベ | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク