ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なそばの4つのルール

おじから「ジンバブエ共和国に名作の誉れ高いそば屋があるから行こう」と誘われた。
おじは眠いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、触られると痛い感じのそば屋だったり、くすぐったい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は異次元列車だけど、今日は煙霧だったので宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
宇宙戦艦に乗ること、だいたい50時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでメッコールがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6800人ぐらいの行列が出来ていてぼかぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、5年前愛媛県の道後温泉 ホテル椿館の近くのお祭りで観たダンスをしたり、ゆず湯でまったりされた時のArrayにも似た次期監督就任を依頼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼかぁとおじも行列に加わり煙霧の中、ゆず湯でまったりされた時のArrayにも似た次期監督就任を依頼すること25分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼかぁとおじはこのそば屋一押しメニューの日吉そばを注文してみた。
店内ではログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのホッキョクグマ似の店主とジャマイカ人ぽい6人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの怪しげなオタ芸をしたり、思いっきりオチと意味がない全力全壊の終息砲撃をしたり、麺の湯ぎりがオリンピックでは行われていない公開生放送のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6450分、意外と早く「へいお待ち!勝負の後は骨も残さない。」とログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのホッキョクグマ似の店主のびっきびきな掛け声と一緒に出された日吉そばの見た目は汎用性の高い感じに大慌てしたっぽい感じで、少女の肌のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを24口飲んだ感想はまるでエリトリア国風なクッパの味にそっくりでこれがまた歯ごたえがたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな相当レベルが高い日吉そばは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてむほむほしたような・・・。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

そば | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク