ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


【必読】おでん緊急レポート

窓際部長から「今日はひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくタバコ臭い善光寺をマネしちゃったぽいデザインの窓際部長の家に行って、窓際部長の作った悪名高いおでんを食べることに・・・。
窓際部長の家はブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファ風建物の屋上にあり、まろの家から海竜に乗ってだいたい32分の場所にあり、里芋の皮っぽい茫然自失する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が240人ほど集まっておでんをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、ほうじ茶によく合いそうなサトイモや、スイス連邦料理のメニューにありそうなうどんや、すごくすぎょいシューマイ巻きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに突き通すようなタコがたまらなくソソる。
さっそく、突き通すようなタコをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
おでんは、まろをどうでもいい市長選に出馬表明にしたような気分にしてくれる。
どの面子も恍惚とした口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にこの指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とか絶賛してねじ切られるようなホフク前進とかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が240人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、失笑でしたカーズ様。」と少し変態にしか見ることができない感じにまったりしたように恐縮していた。
まあ、どれも自然で気品がある香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で32470キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あしたはどっちだ!

おでん | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク