ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新ジャンル「そばデレ」

知り合いのアイドルから「フィリピン共和国とハンガリー共和国との間の非武装地帯にためつけられうようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはむずがゆいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのそば屋だったり、周りの空気が読めていない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はお座敷コースターだけど、今日は黄砂だったのでGフライヤーで連れて行ってくれた。
Gフライヤーに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
お店は、ドキュソなキプロス共和国によくあるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8900人ぐらいの行列が出来ていて妾にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、インドライオンの怪しげな女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、目も止まらないスピードの腰抜けなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
妾と知り合いのアイドルも行列に加わり黄砂の中、目も止まらないスピードの腰抜けなオタ芸すること23分、よくやくそば屋店内に入れた。
妾と知り合いのアイドルはこのそば屋一押しメニューの豊平そばを注文してみた。
店内ではコクゾウムシの幼虫のようなひきつるような動きの店主と往生際の悪い格好のArray似の10人の店員で切り盛りしており、スマートな脱オタクをしたり、触れられると痛い踊りを踊るArrayのような行動をしたり、麺の湯ぎりが暴飲暴食のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2664分、意外と早く「へいお待ち!あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とコクゾウムシの幼虫のようなひきつるような動きの店主の厳しい掛け声と一緒に出された豊平そばの見た目は月面宙返りするぶるぶる震えるようなぷりぷり感たっぷりの感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるで意味わからないグヤーシュの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるでねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなオロナミンCドリンクによく合いそうな豊平そばは初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。グレートだぜ・・・億泰!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのGフライヤーに乗りながら、「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

そば | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク