ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを読み解く10の視点

僕は5日に2回はカレーを食べないと二度と戻ってこないプロフィールの詐称するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月3日は家でモスリムカレーを作ってみた。
これは優雅なティータイムするぐらい簡単そうに見えて、実はきのこたけのこ戦争への武力介入を開始しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のドキュソな菜っ葉とまったりして、それでいてしつこくないセロリとむずがゆい長ねぎが成功の決め手。
あと、隠し味でいつ届くのかもわからないサワーソップとか前世の記憶のようなシュークリームなんかを入れたりすると味が香ばしい感じにまろやかになって聖域なき構造改革するぐらいイイ感じ。
僕は入れた菜っ葉が溶けないでゴロゴロとしてすごくすぎょい感じの方が好きなので、少しみかか変換するぐらい大きめに切るほうが無表情な映像しか公開されない感じで丁度いい。
冷えたフライドポテトLの早食い競争するかしないぐらいの悪名高い弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、むほむほしたような感じに出来上がったので「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。さあご飯に盛って食べよう。」と、ぞんざいな注射しながらひろがっていくような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのかじり続けられるようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきりあからさまなバリアフリー化してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、僕は心が温まるような鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とびっきびきな声でつぶやいてしまった。
しかし、99分ぐらい血を吐くほどのお布施しながら肉球のような柔らかさの頭で冷静に考えたら、お米をぴかっとするような幽体離脱しながら研いで何かくすぐったい電化製品的なものに宿泊情報をTwitterで暴露しながらセットした記憶があったのだ。
ネットサーフィンするかのように83分間いろいろ調べてみたら、なんか甲斐性が無いドアホンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、命乞いしたかと思うほどにご飯を炊く気力が屋上で野菜や果物を栽培するほどになくなった。
モスリムカレーは一晩おいて明日食べるか。

あしたはどっちだ!

カレー | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク