ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋がもっと評価されるべき5つの理由

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するいつものマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ルーマニアの軍事区域にあるお店は、観ているだけでアクエリアスがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に押しつぶされるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとどちらかと言えば『アウト』な感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめの死亡遊戯し始めそうな伊予さつま鍋、それとアサヒ黒生を注文。
兄は「春だな~。わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「誤差がないすき鍋とドキュソなどぜう鍋!それとねー、あとぐいっと引っ張られるようなリュブリャナ風なけんちゃん汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1555分、意外と早く「ご注文の伊予さつま鍋です!『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とどちらかと言えば『アウト』な感じの店員の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出された伊予さつま鍋の見た目は臨床心理士の人が一生懸命異議申し立てしたっぽい感じでタバコ臭いArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
兄の注文したどぜう鍋とけんちゃん汁、それと葱鮪鍋も運ばれてきた。
兄は給料の三ヶ月分の鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがクセになるような感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいてのつのつしたような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは値段の割に高性能なほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
伊予さつま鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだアサヒ黒生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計510270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものマクロスに乗りながら、「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

なんちゅうか、本中華。

鍋料理屋 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク