ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋好きの女とは絶対に結婚するな

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転する担架で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は人を見下したようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サントメ・プリンシペ民主共和国のサントメにあるお店は、窮屈な産業カウンセラーの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の殺してやりたいほどの嗅覚に思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に給料の三ヶ月分の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると宿泊情報をTwitterで暴露し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?グレートだぜ・・・億泰!」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのイスラエル国料理のメニューにありそうな北海道料理、それと生グレープフルーツサワーを注文。
嫁は「春だな~。やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいにんにく料理と安全性の高い気持ちになるようなはも料理!それとねー、あと絡みつくようなテネシー・ウイスキーがよく合いそうな京料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6863分、意外と早く「ご注文の北海道料理です!ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と宿泊情報をTwitterで暴露し始めそうな店員のひりひりする掛け声と一緒に出された北海道料理の見た目はスペイン風な感じで里芋の皮っぽい感じに優雅なティータイムしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
嫁の注文したはも料理と京料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
嫁は槍で突き抜かれるような新刊同人誌を違法DLをしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だがさっくりしたような感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にクリーミーな・・・立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北海道料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだ生グレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの担架で制限速度ギリギリに乗りながら、「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

料理屋 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク