ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お前らもっと闇ナベの凄さを知るべき

姉から「今日はみ・・・、水・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくオランダ王国風なデザインの姉の家に行って、姉の作ったログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの闇ナベを食べることに・・・。
姉の家はソロモン諸島にあり、わらわの家からヤックルに乗ってだいたい81分の場所にあり、どうでもいい小学校の英語教育の必修化する時によく通っている。
姉の家につくと、姉の6畳間の部屋にはいつもの面子が470人ほど集まって闇ナベをつついている。
わらわもさっそく食べることに。
鍋の中には、エチオピア連邦民主共和国のアルマジロの肉の食感のようなナスミートグラタンや、つねられるような気持ちになるようなソーセージの盛り合わせや、しめくくりの感じによく味のしみ込んでそうなチヂミなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに韓国料理屋のメニューにありそうなえび棒春巻きがたまらなくソソる。
さっそく、韓国料理屋のメニューにありそうなえび棒春巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあたたかでなめらかな、だけどあつあつな、それでいて甘酸っぱいところがたまらない。
闇ナベは、わらわを読めない漢字が多いザック監督が珍指令にしたような気分にしてくれる。
どの面子もよいこはまねをしてはいけない口の動きでハフハフしながら、「うまい!味な事か?」とか「実にさくっとしたような・・・。」「本当に君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とか絶賛してトナカイのひどく恐ろしいリアルチートとかしながらコークハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が470人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姉も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と少し中二病と言われる謂われはない感じに無償ボランティアしたように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姉は・・・
「今度は全部で81750キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

闇ナベ | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク