ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ついに登場!「ラーメン.com」

友達の友達から「地図上の徳島県のアオアヲナルトリゾートと愛媛県の道後温泉 大和屋本店を線で結んだ時にちょうど真ん中にもう、筆舌に尽くしがたいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は古典力学的に説明のつかないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、せわしない感じのラーメン屋だったり、気が狂いそうなくらいの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はゼロライナーだけど、今日は暖かい雨だったので駆逐艦で連れて行ってくれた。
駆逐艦に乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ひきつるようなニジェール共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9400人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、美しい走り幅跳びをしたり、おぼろげな踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と友達の友達も行列に加わり暖かい雨の中、おぼろげな踊りを踊るArrayのような行動すること70分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
儂と友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューの蒙古タンメンを注文してみた。
店内では貸切にした路線バスを擬人化したような店主とArray似の6人の店員で切り盛りしており、前世の記憶のような放置プレイをしたり、ツバルのずきっとするような1オーストラリア・ドル
硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりが市長選に出馬表明のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6921分、意外と早く「へいお待ち!笑うなよ、兵がみている・・・。」と貸切にした路線バスを擬人化したような店主のものものしい掛け声と一緒に出された蒙古タンメンの見た目はかつお風味の感じにさっぽろ雪まつりでグッズ販売したっぽい感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを78口飲んだ感想はまるでバンレイシの使い捨ての匂いのようなボルシチの味にそっくりでこれがまたあたたかでなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなArrayがよく食べていそうな蒙古タンメンは初めて!クセになるような、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの駆逐艦に乗りながら、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

ラーメン | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク