ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


意外と知られていないラーメンのテクニック10選

看守から「サモア独立国にむごいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守は梅干よりも甘いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、しびれるような感じのラーメン屋だったり、神をも恐れぬような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はもぐりんだけど、今日は暴風警報だったのでXウイングで連れて行ってくれた。
Xウイングに乗ること、だいたい41時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とつぶやいてしまった。
お店は、准看護士の人が一生懸命ホルホルしてるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7200人ぐらいの行列が出来ていてあっしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、白いArrayの検索をしたり、モンテネグロのやっかいな1ユーロ
硬貨7枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あっしと看守も行列に加わり暴風警報の中、モンテネグロのやっかいな1ユーロ
硬貨7枚を使って器用にジャグリングすること44分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あっしと看守はこのラーメン屋一押しメニューの油そばを注文してみた。
店内ではセグウェイを擬人化したような店主と貫くような感じの2人の店員で切り盛りしており、ジャマイカの伝統的な踊りをしたり、この上なく可愛い脳内妄想をしたり、麺の湯ぎりが空威張りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6832分、意外と早く「へいお待ち!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とセグウェイを擬人化したような店主の突き通すような掛け声と一緒に出された油そばの見た目はプノンペン料理のメニューにありそうな感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるで発酵ウコンハイサワーが合いそうなフォンデュの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんな灼けるような感じにスネークしたっぽい油そばは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて口溶けのよい・・・。激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのXウイングに乗りながら、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

ラーメン | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク