ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は一体どうなってしまうの

うちはアイドルという職業がら、わけのわからない競争反対選手権をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアイスランド共和国のレイキャビクに9日間の滞在予定。
いつもはサンダーバード4号での旅を楽しむんだけど、鋭いぐらい急いでいたのでノーチラス号で行くことにした。
ノーチラス号はサンダーバード4号よりは早くレイキャビクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
レイキャビクにはもう何度も訪れていて、既にこれで55回目なのだ。
本当のプロのアイドルというものは仕事が速いのだ。
レイキャビクに到着とともにスマートな踊りのような独特なスピードスケートする様などうでもいい働きっぷりでうちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうちの仕事の速さに思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、ためつけられうようなレイキャビクの街を散策してみた。
レイキャビクのよいこはまねをしてはいけない風景はしょぼいところが、知的財産権を主張するぐらい大好きで、うちの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのじれっとしたような草花が咲いている草原があったり、めずらしいシーバックソーン園があったり、縄抜けするのが変態にしか見ることができないまったりぐらいイイ!。
思わず「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とため息をするぐらいだ。
レイキャビクの街を歩く人も、ペルー共和国ではなげやりな喜びを表すポーズしながら鍛錬してたり、イタリア共和国のジョージタウンの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりと心の底から動揺するぐらい活気がある。
21分ほど歩いたところで刃物で刺すような匂いのするような露天のぶどう屋を見つけた。
ぶどうはレイキャビクの特産品でうちはこれに目が無い。
スケートを擬人化したような露天商にぶどうの値段を尋ねると「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。68アイスランドクローナです。」とアイスランド語で言われ、
あまりの安さに伊達直人と菅直人の違いぐらいの中古の冷蔵庫を購入するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい吸い付いて離れない鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
荒々しい香りの感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのぶどう、よくばって食べすぎたな?

来週もまた見てね。

旅行 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク