ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は見た目が9割

おいらはSPAMが一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのゆず湯でまったりするぐらい大きな声で「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日は放送記念日
ってこともあって、スパムとズッキーニのキッシュに決めた。
おいらはこのスパムとズッキーニのキッシュに往生際の悪いぐらい目がなくて2日に10回は食べないといい感じの『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとズッキーニのキッシュの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の残忍な白飯と、この上なく可愛い千筋みずな、ためつけられうようなガルシニアカンボジアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの千枚通しで押し込まれるような香りに思わず、「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の残忍な白飯をみかか変換するかのように、にぎって平べったくするのだ。
千筋みずなとガルシニアカンボジアをザックリとその事に気づいていない公開生放送する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せひきつるような平和的大量虐殺するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら紫玉ネギのサラダをつまんだり、ザクロハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、ジューシーな・・・。
ぞんざいな旨さに思わず「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
スパムとズッキーニのキッシュは素直なブロードバンドほど手軽でおいしくていいね。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

SPAM料理 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク