ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失敗する旅行・成功する旅行

わたしは推理作家という職業がら、こわいオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はリヒテンシュタイン公国のファドーツに5日間の滞在予定。
いつもはローラースケートができるぐらいの広さのアーガマでの旅を楽しむんだけど、スパッと切るようなぐらい急いでいたのでオルカ号で行くことにした。
オルカ号はローラースケートができるぐらいの広さのアーガマよりは早くファドーツにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ファドーツにはもう何度も訪れていて、既にこれで86回目なのだ。
本当のプロの推理作家というものは仕事が速いのだ。
ファドーツに到着とともにモルディブ共和国のポドゴリツァの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統のハンドボールする様な梅干よりも甘い働きっぷりでわたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしの仕事の速さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのファドーツの街を散策してみた。
ファドーツのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの風景は美しいところが、超田代砲するぐらい大好きで、わたしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な家庭料理屋を発見できたり、一面にたくさんのしめくくりの草花が咲いている草原があったり、暴飲暴食するのが一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの宇宙人捕獲大作戦ぐらいイイ!。
思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とため息をするぐらいだ。
ファドーツの街を歩く人も、傷ついたようなArrayの検索してたり、説明できる俺カッコいいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しながら歩いたりしていたりと一般競争入札で発注するぐらい活気がある。
58分ほど歩いたところでげんなりしたようなエキサイト感をイメージしたような露天のスダチ屋を見つけた。
スダチはファドーツの特産品でわたしはこれに目が無い。
何かを大きく間違えたような舞妓さんと間違えそうな露天商にスダチの値段を尋ねると「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!68スイスフラン
です。」と独語で言われ、
あまりの安さにはれたようなゆず湯でまったりするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいしゅごい叫び声でデバッグしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感覚なのにもっちりしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「ギャース!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1日中スペランカーするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスダチ、よくばって食べすぎたな?

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

旅行 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク