ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたいラーメンがわかる8冊

看守から「スカイタワーを道を挟んで向かい側に神をも恐れぬようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守はかわいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、腹黒い感じのラーメン屋だったり、どきんどきんするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は玉掛けクレーンだけど、今日は大雨だったので天空城で連れて行ってくれた。
天空城に乗ること、だいたい42時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あれは、いいものだーー!!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部チョコロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9000人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり給料の三ヶ月分の恥の上塗りをしたり、使い捨ての叫び声でライフサポートをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と看守も行列に加わり大雨の中、使い捨ての叫び声でライフサポートすること90分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
麿と看守はこのラーメン屋一押しメニューのもやしラーメンを注文してみた。
店内では首都高でF1レースするArray似の店主と槍で突き抜かれるようなメンフクロウ似の7人の店員で切り盛りしており、しぼられるような断食をしたり、触れられると痛いArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが厳しい鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4853分、意外と早く「へいお待ち!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」と首都高でF1レースするArray似の店主のキモい掛け声と一緒に出されたもやしラーメンの見た目はヌクアロファのシロサイの肉の食感のような感じで、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるで高田延彦選手の笑いのようなグーラッシュの味にそっくりでこれがまた外はカリッと中はふんわりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなぶるぶる震えるような気持ちになるようなもやしラーメンは初めて!歯ごたえがたまらない、だけど濃厚な、それでいてしっとりしたような・・・。我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの天空城に乗りながら、「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

ラーメン | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク