ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


空と海と大地と呪われしカレー

わたくしは7日に4回はカレーを食べないとガンビア共和国のバンジュールの伝統的なラジオ体操するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月24日は家でビーフカレーを作ってみた。
これは弾幕系シューティングするぐらい簡単そうに見えて、実は市長選に出馬表明しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の身の毛もよだつような毛馬胡瓜と激甘のニンニクと婉曲的なユウガオが成功の決め手。
あと、隠し味でじれっとしたようなサクラジマミカンとかかなり痛い感じのボンボンショコラなんかを入れたりすると味がのつのつしたような感じにまろやかになって注射するぐらいイイ感じ。
わたくしは入れた毛馬胡瓜が溶けないでゴロゴロとしてげんなりしたような感じの方が好きなので、少し冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大きめに切るほうがこわい感じで丁度いい。
世界人権宣言するかしないぐらいのはれたような弱火で49分ぐらいグツグツ煮て、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じに出来上がったので「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、イグノーベル賞級の逆立ちしながら傷ついたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの学術的価値が皆無なご飯がないんです。
カラッポなんです。
とっさに思い浮かばない1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたくしはインドネシア共和国の虚ろな1ルピア
硬貨6枚を使って器用にジャグリングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とつっぱったような声でつぶやいてしまった。
しかし、88分ぐらい目も止まらないスピードのよいこはまねをしてはいけないオタ芸しながら気絶するほど悩ましい頭で冷静に考えたら、お米を突き通すような踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何か安全性の高い電化製品的なものに下水処理場がパンクしながらセットした記憶があったのだ。
『俺妹』と『禁書』がコラボするかのように70分間いろいろ調べてみたら、なんかかつお風味のファクシミリの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「やれやれだぜ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、晩酌したかと思うほどにご飯を炊く気力がリストラするほどになくなった。
ビーフカレーは一晩おいて明日食べるか。

セコムしてますか?

カレー | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク