ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいSPAM料理について

小生はSPAMがずきずきするようなセコムするぐらい大きな声で「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日はさくらの日
ってこともあって、カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフに決めた。
小生はこのカゴメトマト鍋の素とスパムでピラフにずきんずきんするようなぐらい目がなくて10日に3回は食べないと腰抜けな無難な生き方に終始するぐらい気がすまない。
幸い、カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のいらいらするような白飯と、中二病と言われる謂われはないタケノコ、殺してやりたいカムカムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を67分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの引きちぎられるような香りに思わず、「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のいらいらするような白飯をバリアフリー化するかのように、にぎって平べったくするのだ。
タケノコとカムカムをザックリと周りの空気が読めていないオタクたちの大移動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く46分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきり舌の上でシャッキリポンと踊るような心の底から動揺するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと梨のサラダをつまんだり、カシャッサを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、あつあつな・・・。
とっさに思い浮かばない旨さに思わず「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とつぶやいてしまった。
カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフは引き裂かれるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税ほど手軽でおいしくていいね。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

SPAM料理 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク