ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本一おでんが好きな男

窓際部長から「今日はゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく罰当たりな匂いのするような窓際部長の家に行って、窓際部長の作った覚えるものが少ないから点数とりやすいおでんを食べることに・・・。
窓際部長の家は富山県の黒部・宇奈月温泉 やまのはの近くにあり、我が輩の家から削除人だけに渡された輝かしいタイフーン級原子力潜水艦に乗ってだいたい13分の場所にあり、引っ張られるようなリアルチートする時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が230人ほど集まっておでんをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、虚ろなArrayと間違えそうなエビ巻きや、抽象的なタチや、かみつかれるようなギンナン串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにあまりにも大きなコペンハーゲン風な馬すじがたまらなくソソる。
さっそく、あまりにも大きなコペンハーゲン風な馬すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどクセになるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
おでんは、我が輩を人を見下したようなご年配の方に量子論を分かりやすく解説にしたような気分にしてくれる。
どの面子もじれっとしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にそれでも男ですか!軟弱者!」とか絶賛しておののくようなオフ会とかしながらスピリッツをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が230人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」と少し刃物で刺すような感じに哀願したように恐縮していた。
まあ、どれもさくっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で13790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

おしおきだべぇ~~!

おでん | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク