ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


びっくりするほど当たる! SPAM料理占い

わいはSPAMがためつけられうような川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい大きな声で「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日はエイプリルフール
ってこともあって、スパムときゅうりのチャーハンパラパラに決めた。
わいはこのスパムときゅうりのチャーハンパラパラに汁っけたっぷりのぐらい目がなくて9日に3回は食べないと五月蠅い影分身するぐらい気がすまない。
幸い、スパムときゅうりのチャーハンパラパラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の貫くような白飯と、ぞんざいな大根の葉、むずがゆいシーバックソーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を16分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの恍惚とした香りに思わず、「み、見えん!この神の目にも!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の貫くような白飯を正面衝突するかのように、にぎって平べったくするのだ。
大根の葉とシーバックソーンをザックリとつねられるような心の底から動揺する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く97分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せオーストラリア連邦のキャンベラの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらゴボウのサラダをつまんだり、うめサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
ねじ切られるような旨さに思わず「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやいてしまった。
スパムときゅうりのチャーハンパラパラは心が温まるような廃止寸前の売れないサービスほど手軽でおいしくていいね。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

SPAM料理 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク