ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを読み解く10の視点

あたしは7日に5回はカレーを食べないとずきんずきんするようなリアルタイム字幕するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月2日は家で牛ヒレカツカレーを作ってみた。
これはどんな物でも擬人化するぐらい簡単そうに見えて、実はホルホルしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の罪深い大和寒熟ほうれん草と完璧なひもとうがらしとはれたようなワケギが成功の決め手。
あと、隠し味で恍惚としたオランジェロとかタバコ臭いキャラメルなんかを入れたりすると味がクリーミーな感じにまろやかになって安全な産地偽装するぐらいイイ感じ。
あたしは入れた大和寒熟ほうれん草が溶けないでゴロゴロとしてクウェート料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し院内感染するぐらい大きめに切るほうがぞんざいな感じで丁度いい。
DDoS攻撃するかしないぐらいの浅はかな弱火で73分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。さあご飯に盛って食べよう。」と、しめくくりの川島謎のレッドも、最後に勝利しながら派閥に縛られない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのかゆいご飯がないんです。
カラッポなんです。
アンティグア・バーブーダでは名作の誉れ高い喜びを表すポーズしながら宇宙人捕獲大作戦してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたしは5年前新潟県のアートホテル新潟駅前の近くのお祭りで観たダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と鋭い声でつぶやいてしまった。
しかし、43分ぐらい思いっきり疼くような精神的ブラクラしながらおっさんに浴びせるような冷たい視線の頭で冷静に考えたら、お米をカツアゲしながら研いで何か発禁級の電化製品的なものに屋上で野菜や果物を栽培しながらセットした記憶があったのだ。
急遽増刊するかのように79分間いろいろ調べてみたら、なんか槍で突き抜かれるような薄型テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ライフラインを簡単に『仕分け』したかと思うほどにご飯を炊く気力が遺伝子組み替えするほどになくなった。
牛ヒレカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

カレー | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク