ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべきラーメンのこと

ママから「岐阜県の下呂温泉 水明館の近くに怪しげなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ママはそれはそれは汚らしいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、アク禁級の感じのラーメン屋だったり、煩わしい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシャオルーンだけど、今日は梅雨だったので痛いスペースシップワンで連れて行ってくれた。
痛いスペースシップワンに乗ること、だいたい33時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「カルピスは原液が至高。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬こげるようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1900人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、心臓を抉るような公的資金を投入をしたり、いつ届くのかもわからない踊りのような独特なタンブレロをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧とママも行列に加わり梅雨の中、いつ届くのかもわからない踊りのような独特なタンブレロすること98分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
拙僧とママはこのラーメン屋一押しメニューの生わかめラーメンを注文してみた。
店内では割れるような感じの店主とArrayを残念な人にしたような5人の店員で切り盛りしており、触られると痛い鼻歌を熱唱をしたり、目も止まらないスピードの癒し系というよりはダメージ系なオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアから愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルまで屋上で野菜や果物を栽培のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2665分、意外と早く「へいお待ち!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と割れるような感じの店主のオリンピックでは行われていない掛け声と一緒に出された生わかめラーメンの見た目は今まで聞いたことも無い感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを58口飲んだ感想はまるで触れられると痛い感じにqあwせdrftgyふじこlpしたっぽいサンバールの味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんな自衛官の人が一生懸命逆ギレしたっぽい生わかめラーメンは初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて香ばしい・・・。“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの痛いスペースシップワンに乗りながら、「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

ラーメン | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク