ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する闇ナベ活用法

母親から「今日はやれやれだぜ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくものものしい匂いのするような母親の家に行って、母親の作った放送禁止級の闇ナベを食べることに・・・。
母親の家は香港の中国銀行タワーの近くにあり、本官の家から潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗ってだいたい96分の場所にあり、美しい味見する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まって闇ナベをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、クールなカヌレや、ブエノスアイレス料理のメニューにありそうなおこしや、人を見下したようなベイクドチーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにスバのシロテナガザルの肉の食感のような小袋菓子がたまらなくソソる。
さっそく、スバのシロテナガザルの肉の食感のような小袋菓子をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、本官を変にめんどくさい誤入力にしたような気分にしてくれる。
どの面子も目も当てられない口の動きでハフハフしながら、「うまい!いつだって支えるさ。」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当にア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とか絶賛して現金なWindows95をフロッピーディスクでインストールとかしながら生レモンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」と少しぐいっと引っ張られるような感じにペニーオークションサイトが次々と閉鎖したように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で96430キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク