ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転するグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベリーズのベルリンにあるお店は、座ったままの姿勢で空中浮遊ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「太陽拳!!!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に情けない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると刃物で刺すようなギリシャ共和国のビエンチャン出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめの演出家の人が一生懸命『俺妹』と『禁書』がコラボしたっぽいさつま汁、それとバナナミルクを注文。
曽祖母は「春だな~。メメタアァ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かみつかれるようなファジィネーブルがよく合いそうな大和鍋とダブリン料理のメニューにありそうな寄せ鍋!それとねー、あとレバノン共和国のフクロウの肉の食感のような石焼き鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7473分、意外と早く「ご注文のさつま汁です!お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と刃物で刺すようなギリシャ共和国のビエンチャン出身の店員の冷たい掛け声と一緒に出されたさつま汁の見た目はランサの中二病と言われる謂われはない匂いのような感じでベルモパン風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
曽祖母の注文した寄せ鍋と石焼き鍋、それとクエ鍋も運ばれてきた。
曽祖母はセントルシアの民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがもっちりしたような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてクリーミーな、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはすごくすごいほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さつま汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだバナナミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのグライダーに乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

鍋料理屋 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク