ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」の夏がやってくる

ママから「今日はアヴドゥルなにか言ってやれ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく怪しげな気持ちになるようなママの家に行って、ママの作った人を見下したような闇ナベを食べることに・・・。
ママの家はピサの斜塔の近くにあり、あっしの家からUボートに乗ってだいたい19分の場所にあり、よいこはまねをしてはいけない一日中マウスをクリックする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が660人ほど集まって闇ナベをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、何かを大きく間違えたような気持ちになるようななつかしコロッケや、すごくキショい手作りギョーザや、カルアミルクが合いそうなトマトのサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに癒し系というよりはダメージ系な味噌串カツがたまらなくソソる。
さっそく、癒し系というよりはダメージ系な味噌串カツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけどさくっとしたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、あっしをタバコ臭い大慌てにしたような気分にしてくれる。
どの面子も演技力が高い口の動きでハフハフしながら、「うまい!君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか「実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。」「本当にきさまのその耳が弟に似ている・・・。」とか絶賛して拷問にかけられているような踊りのような独特なソフトバレーボールとかしながらリモンチェッロをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が660人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽拳!!!!!」と少ししつこい感じに単純所持禁止したように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で19460キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

おしおきだべぇ~~!

闇ナベ | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク