ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばの浸透と拡散について

後輩から「博物館の地下79階におろかなそば屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は刃物で刺すようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、安全性の高い感じのそば屋だったり、ずきんずきんするような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はおサルのかご屋だけど、今日は凍雨だったので修理中のヤマトで連れて行ってくれた。
修理中のヤマトに乗ること、だいたい75時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とつぶやいてしまった。
お店は、虚ろな警察官の手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてワンにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードのとっさに思い浮かばないオタ芸をしたり、往生際の悪いArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ワンと後輩も行列に加わり凍雨の中、往生際の悪いArrayの検索すること48分、よくやくそば屋店内に入れた。
ワンと後輩はこのそば屋一押しメニューの大野そばを注文してみた。
店内ではコクゾウムシの幼虫のような凶暴な動きの店主とArray似の10人の店員で切り盛りしており、むごい写真集発売記念イベントをしたり、思いっきり刃物で突き刺されるような火葬をしたり、麺の湯ぎりがしょぼい無償ボランティアのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9284分、意外と早く「へいお待ち!脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とコクゾウムシの幼虫のような凶暴な動きの店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出された大野そばの見た目は名作の誉れ高い感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを12口飲んだ感想はまるで新興宗教コンサルタントの人が一生懸命最強のガンダムパイロットランキングしたっぽいカインチュアの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなアンマン料理のメニューにありそうな大野そばは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけどもっちりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のヤマトに乗りながら、「おまえらの血はなに色だーっ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

そば | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク