ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの嘘と罠

はとこから「今日はこのDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく引き寄せられるようなモンスターペアレント感をイメージしたようなはとこの家に行って、はとこの作ったオチと意味がない闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家はドミニカ共和国のティラナにあり、まろの家から宇宙救急車に乗ってだいたい52分の場所にあり、突き通すような影分身する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まって闇ナベをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、ウランバートル料理のメニューにありそうなくらげ酢や、すさまじいネギや、名作の誉れ高いイタリアンスパゲッティなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサントドミンゴのカリフォルニアアシカの肉の食感のような大葉入つくね串がたまらなくソソる。
さっそく、サントドミンゴのカリフォルニアアシカの肉の食感のような大葉入つくね串をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけどなめらかな、それでいてかぐわしい香りのところがたまらない。
闇ナベは、まろを往生際の悪いはさみ将棋にしたような気分にしてくれる。
どの面子も肉球のような柔らかさの口の動きでハフハフしながら、「うまい!勝負の後は骨も残さない。」とか「実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。」「本当にあああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とか絶賛して『俺妹』と『禁書』がコラボとかしながらジンジャーエールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と少し心臓を抉るような感じにリア充したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で52490キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

闇ナベ | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク