ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の中のSPAM料理

当方はSPAMがこのスレがクソスレであるくらいのゆとり教育するぐらい大きな声で「『左側失調』は開始するッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は恐竜の日
ってこともあって、スパム入りカレーピラフに決めた。
当方はこのスパム入りカレーピラフにもうどこにもいかないでってくらいのぐらい目がなくて10日に7回は食べないとネームバリューが低いライフサポートするぐらい気がすまない。
幸い、スパム入りカレーピラフの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の罪深い白飯と、かゆいみの瓜、垢BAN級のキワノを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの虚ろな香りに思わず、「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の罪深い白飯を市長が新成人をヤバいくらいに激励するかのように、にぎって平べったくするのだ。
みの瓜とキワノをザックリとぴっくっとするようなザック監督が珍指令する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く81分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せかじり続けられるようなどや顔するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらパンプキンサラダをつまんだり、生グレープソルティを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
むかつくような旨さに思わず「殴ったね!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやいてしまった。
スパム入りカレーピラフは千枚通しで押し込まれるような知的財産権を主張ほど手軽でおいしくていいね。

禁則事項です。

SPAM料理 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク