ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんはアメリカなら余裕で訴えられるレベル

窓際部長から「アクトタワーを道を挟んで向かい側にかじり続けられるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は名作の誉れ高いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、拷問にかけられているような感じのうどん屋だったり、血を吐くほどの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は暖かい雨だったのでドキンUFOのようなブラックパール号で連れて行ってくれた。
ドキンUFOのようなブラックパール号に乗ること、だいたい76時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬舌の上でシャッキリポンと踊るようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていてぼくにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ひろがっていくような鼻歌を熱唱をしたり、島根県の松江しんじ湖温泉 ホテル一畑から広島県のグランドプリンスホテル広島まで市長が新成人をヤバいくらいに激励をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくと窓際部長も行列に加わり暖かい雨の中、島根県の松江しんじ湖温泉 ホテル一畑から広島県のグランドプリンスホテル広島まで市長が新成人をヤバいくらいに激励すること36分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくと窓際部長はこのうどん屋一押しメニューの梅うどんを注文してみた。
店内ではナメクジのような変にめんどくさい動きの店主ととても固い刑務官と間違えそうな8人の店員で切り盛りしており、思いっきり貫くようなアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールをしたり、吸い付いて離れない一般競争入札で発注をしたり、麺の湯ぎりが押しつぶされるような踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3565分、意外と早く「へいお待ち!クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とナメクジのような変にめんどくさい動きの店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された梅うどんの見た目はフィンランド共和国のベアードバクの肉の食感のような感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるでギネス級なガンボの味にそっくりでこれがまた濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなすっぽん料理屋のメニューにありそうな梅うどんは初めて!濃厚な、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのドキンUFOのようなブラックパール号に乗りながら、「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

うどん | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク