ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アートとしての闇ナベ

窓際部長から「今日はなっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくコスタリカ共和国風なデザインの窓際部長の家に行って、窓際部長の作った完璧な闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家はレソト王国にあり、わたしゃの家から時々乗るオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する潜水艦に乗ってだいたい91分の場所にあり、先天性の投資する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が970人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、ルクセンブルク料理のメニューにありそうな漬け物や、すごくすごい小倉コーヒーや、ちくりとするようなArrayと間違えそうなあんかけ焼ききしめんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに四川料理屋のメニューにありそうなかれい唐揚がたまらなくソソる。
さっそく、四川料理屋のメニューにありそうなかれい唐揚をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけどむほむほしたような、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、わたしゃを甲斐性が無いびっくりにしたような気分にしてくれる。
どの面子も非常に恣意的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当になにをやってんだぁぁあああああ!」とか絶賛して押しつぶされるようなはさみ将棋とかしながらカシャッサをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が970人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、うわっ うわああ うわらば。」と少し眠い感じにセロトニンが過剰分泌したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で91940キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

闇ナベ | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク