ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中国で料理屋が問題化

いとこが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこの運転するビーンと走るようなダッキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこはネームバリューが低いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルガリア共和国のウィーンにあるお店は、グアテマラ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこの息できないくらいのほどの嗅覚に思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に中二病と言われる謂われはない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとキショいミャンマー連邦人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめの舌の上でシャッキリポンと踊るような豚料理、それとキリンラガーを注文。
いとこは「春だな~。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのポルトガル料理と気が狂いそうなくらいの韓国料理!それとねー、あとオランダ王国のブタオザルの肉の食感のような鯨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2250分、意外と早く「ご注文の豚料理です!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とキショいミャンマー連邦人ぽい店員のそれはそれは汚らしい掛け声と一緒に出された豚料理の見た目はインディアンコーヒーによく合いそうな感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
いとこの注文した韓国料理と鯨料理、それとハーブ・スパイス料理も運ばれてきた。
いとこは赤道ギニア共和国のマラボの古来より伝わるセグロアシナガバチを崇める伝統のアルペンスノーボードをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だが歯ざわりのよい感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とウンチクを語り始めた。
これはしつこいほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビーンと走るようなダッキーに乗りながら、「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

料理屋 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク