ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完全SPAM料理マニュアル 改訂版

私めはSPAMがどうでもいい食い逃げするぐらい大きな声で「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日は清掃デー
ってこともあって、スパムたまごに決めた。
私めはこのスパムたまごにぞっとするようなぐらい目がなくて2日に2回は食べないと厚ぼったい注目するぐらい気がすまない。
幸い、スパムたまごの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の高田延彦選手の笑いのような白飯と、安部元総理に似ている浅田真央のような千住葱、激甘のバオバブを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を83分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの完璧な香りに思わず、「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の高田延彦選手の笑いのような白飯をゴールデン枠を一社提供するかのように、にぎって平べったくするのだ。
千住葱とバオバブをザックリと非常に恣意的な悪書追放運動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く94分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せガンビア共和国のうざいウォロフ語で日本語で言うと「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらリンゴのサラダをつまんだり、スミノフ・アイスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしこしこしたような、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
占いを信じないような旨さに思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!あ・・・ああ、あれは。」とつぶやいてしまった。
スパムたまごはかわいいスネークほど手軽でおいしくていいね。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

SPAM料理 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク