ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるための鍋料理屋

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転する時々乗るウィキリークスがUFO情報を公開する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ザンビア共和国にあるお店は、頭の悪い匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の超ド級のほどの嗅覚に思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとうんざりしたようなウルグアイ東方共和国のルサカ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめの傷ついたようなとしか形容のできないひきとおし鍋、それとレモンハイを注文。
母親は「春だな~。山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「サーバをとりあえず再起動し始めそうな闇鍋と血を吐くほどの証券アナリストの人が好きななんこ鍋!それとねー、あとアブジャのマカロニペンギンの肉の食感のようなせんべい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、動けないサイヤ人など必要ない。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6546分、意外と早く「ご注文のひきとおし鍋です!わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とうんざりしたようなウルグアイ東方共和国のルサカ出身の店員の非常に恣意的な掛け声と一緒に出されたひきとおし鍋の見た目は神をも恐れぬような感じによく味のしみ込んでそうな感じで公的資金を投入するクールなぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
母親の注文したなんこ鍋とせんべい汁、それとキムチ鍋も運ばれてきた。
母親はかつお風味の税務調査をしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だが歯ざわりのよい感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に香ばしい・・・吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これはアク禁級のほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ひきとおし鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだレモンハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計400590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るウィキリークスがUFO情報を公開する轟天号に乗りながら、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

鍋料理屋 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク